湿地帯中毒

湿地帯中毒患者(末期)の日記です。

日記

ひいこらいいながら生物の同定を行う日々。修行には、なります。いつか何かの役にたつであろうことを祈りつつ・・

この虫も写真数枚送られてきただけでは全然わからなかったです。結局実物を持ってきてもらったところ、成虫がいて、どうやらビワコカタカイガラモドキというカイガラムシの一種の幼虫であるらしいことがわかりました。ムズイ。しかしこの虫、調べてみるとため池や湿地のヨシに特異的につようようで、さらにこれ(あるいはこれの出す物質?)を餌資源として重視している鳥類がいるという話もネット上で確認しました。そういうのがいるとは知りませんでした。しかも湿地帯生物。まだまだ修行が足りません。。