オイカワ丸の湿地帯中毒

湿地帯中毒患者 オイカワ丸の日記です。

日記

今日はO山大学のF先生とYA水族館K館長との合同での湿地帯貝類調査でした。超絶楽しく勉強になりました。ありがとうございました!

さて、今日のもっとも重要な目的は某淡水貝類の標本採集だったのですが・・なんとこのメンバーで外すという大惨事。これは生活史に何らかの秘密があるという可能性が高いという結論に達しました。まだまだ謎が多い湿地帯生物のようです。野外での調査は必ず何らか得るものがありますので無駄はありません。

 

次に場所を変えて、某希少貝類の生存を確認しに行ってきました。私は初めて探す貝類です。素晴らしいエコトーンです。

いました!オオクリイロカワザンショウです。思ったより大きいです。まだ生き残っていたようで良かったです。

 

さらに場所を変えて干潟貝類研修です。K館長に対するF先生の厳しい指導が続きます(嘘です。貝類探しに熱中しているので互いに人類は見えていません)。私は個人的に興味があったオカミミガイ類を探してみました。なんといってもF先生はあらゆる貝類に精通した神の一人ですから、ここを探すと良い、という助言に従って探してみます。

キヌカツギハマシイノミです!美しい模様の殻と黒いつやつやした体が魅力的です。いきなりかなり珍しそうなのを発見してしまいました。

次いでハマシイノミをみつけることができました。これは椎の実っぽいです。

さらに何かいないか探していると、​ナラビオカミミガイがいました!つやつやでかわいいです。

それから死殻でしたが​クリイロコミミガイもみつけることができました。すらすらと名前を書きだして、さも私が詳しい雰囲気を醸し出している記事となっていますが、すべて現地でF先生にすらすらと教えていただいたものです。神はさすがです。私も詳しくなった気になってきました。これらはいずれもオカミミガイ科に属する巻貝で、干潟の潮間帯上部、ヨシ原や岸辺の微妙な環境に生息しています。つまりエコトーン系湿地帯生物ということです。したがってその多くが各地で希少種となっているようです。なんだか興味が湧いてきたので、今後意識していきたいと思います。

 

大きなハマガニがいました。鮮やかでかっこいいです!

白い点々はすべてハクセンシオマネキです。希少な生物がたくさんいる湿地帯は、そもそも生物がたくさんいるのです。

 

勢い余って集合写真も撮影しました(セルフタイマーです)。

日記

先日入手した福島県いわき市のいわきチョコレート社の「めひかり塩チョコ ビター」、かなり好きな味でした。これはおいしい。生物多様性の文化的サービスとしてメヒカリ(アオメエソ)を模しているというのもきわめてポイントが高い。しかしおいしいと思う。おすすめ。

会社HPから通販可能、Amazonからも買えるようです。

 

昆虫大学

もはや先月となってしまいましたが、7月2日・3日に東京都内某所で「昆虫大学2022」というイベントがあり、基調講演にお声がけいただいたので講演を行うとともに、せっかくなので出店してきました。昆虫大学公式サイトはこちらです→リンク

昆虫大学とは何なのか?「あのメレ山メレ子氏が主催する昆虫その他の「蟲」のもつ多様な魅力をプロから学ぶ隔年開催のクリエーターイベント」です。ということで2年に一回、蟲をテーマに研究や芸術、生活をしている色々な人が一堂に会してその魅力を伝えるという場です。コロナ禍の中、今回は4年ぶりの開催となり、コロナ対策のため事前申し込み制ということで、慎重に行われました。

今回、主に私の任務であった夜の講演会は豪華メンバーによる講演だったこともあり、プラチナチケットになってしまっていたようでした。今回の昆虫大学ロゴは水生昆虫&ヤマトシマドジョウデザインということになっており、すなわち私の基調講演とも連携する形であることから大感謝でありました。ということで私はがんばってしゃべりました。いかがだったでしょうか。

さて、出店は以下のような感じです。今回は「くろむし屋」としてブースを出させていただきました。そう、「おいかわ丸のくろむし屋」こそが私のインターネット上での原点。令和のこの世に華麗に見参しました。

店構え。今回は水生昆虫標本の展示解説、生きた水生昆虫の展示解説に加えて、オリジナルグッズを開発して販売も行いました。

オリジナルグッズ1 オオヨドシマドジョウポストカード。新種記載論文のために描いたあのスケッチを古風なポストカードにしました。

オリジナルグッズその2 くろむし屋ロゴ眼鏡拭き。あの伝説のロゴを眼鏡拭きに!

オリジナルグッズその3 オイカワ丸さん缶バッジ&アクキー。配偶者氏の知人の絵師さんに書き下ろしていただきました!ありがとうございます!

 

オリジナルグッズその4 水生甲虫マグカップ。ネイチャーガイド日本の水生昆虫に使った線画を配した逸品です。

両日ともに賑わいは半端なく、ほぼしゃべりっぱなしで、書籍にサインをしたり水生昆虫の解説をしたりいたしました。皆さん楽しんでいただけたでしょうか。私は楽しかったです。

それから私はミーハーなので、お会いしたかった何人かの方にサインをもらったり一緒に写真を撮ってもらったりしました。どうもありがとうございます。

さらに、グッズもしっかり入手に動きました。それは以下です。

ウルド先生グッズはポン氏が喜んで使っています。

 

ということで簡単ながら昆虫大学報告でした。とよさきかんじさんの、あの特攻服を着て、素晴らしい昆虫大学ロゴの前での撮影もこなしてきました。楽しさが伝わってきます。

お声がけいただいたメレ山さん、どうもありがとうございました!良い思い出となりました。次は2024年だそうです。楽しみです。

 

日記

この夏の初め、ポン氏は登下校時にセミの抜け殻を集める呪いにかかってしまい、セミの抜け殻を集めていたわけですが、そのままではもったいないのでコレクションしたセミの脱け殻を数えました。

種類と雌雄にわけて並べていきます。セミの抜け殻は腹端の特徴で雌雄が区別できます。

壮観!結果はクマゼミ雄が51匹、クマゼミ雌が54匹、アブラゼミ雄が24匹、アブラゼミ雌が8匹、ニイニイゼミ雌が1匹、全部あわせて138匹!でした。

 

日記

侵略的な外来種を駆除すると在来種が増える事例についてメモ。

 

宮城県の伊豆沼・内沼においてオオクチバスを駆除したら在来種他が増えた事例の論文(PDF

その解説記事

www.fish-water.jpn.org

沖縄島のヤンバルにおいてマングースを駆除したら在来鳥類が増えた事例の論文(リンク

その解説記事

www.ffpri.affrc.go.jp

東京都の井の頭池でかいぼりによりオオクチバス等を駆除したらカイツブリが増えた事例の報告(PDF

 

侵略的な外来種の駆除は生物多様性保全に大きく貢献するし、根絶できなくても(つまり低密度管理)意味はあるのです。外来種駆除しても意味ないということはないし、根絶できないから意味ないということもありません。人類に持ち込まれたのに人類に駆除される外来種には本当に申し訳ない思いですが、外来種に命を奪われる多くの在来種のことを考えると、やはり持ち込んだ人類が責任をとらなくてはいけないでしょう。

それから、これから大事なのは新しい外来種を生み出さない、ということです。飼っているペットを捨てない、一度飼い始めたら最後まで責任をもって飼育する。動物も植物も同じです。

 

 

日記

色々な仕事、降って湧いてきますね。。わけあってシマハゼの画像を用意したのでこちらにも貼っておきます。

アカオビシマハゼTridentiger trigonocephalus

シモフリシマハゼTridentiger bifasciatus

 

かつてはあわせてシマハゼとされていましたが、その後に2種であることが判明して区別されました。よく似た別種のさきがけと言えるかもしれません。この2種が違うとして論文で報告したのが明仁・坂本(1989)、そう現上皇陛下です。論文はこちら

www.jstage.jst.go.jp

日記

先日に昆虫大学というイベントで購入したコオロギを食べました(昆虫大学についてはそのうち記事にします!)。

アーモンドを食べて育った高級食用コオロギです。期待が高まります。

これはおいしい!昆虫食に興味があるポン氏も、うーんクリーミィー、と言いながらもりもり食べていました。

 

この商品は昆虫食のTAKEOさんのところの商品で、この会社では色々な昆虫食品を開発、販売しています。日々の食べ物に新しい風を呼びたい方、興味ある方、お勧めです。

takeo.tokyo