オイカワ丸の湿地帯中毒

湿地帯中毒患者 オイカワ丸の日記です。

日記

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産の登録が決定したとの報道がありました。この4島は私も何度も行ったことのある大変思い入れのある場所です。その素晴らしい生物多様性の価値が認められたということで、大変うれしいです。

ということでこれら地域の固有種として、ヒメドロムシ科から14種紹介したいと思います!

f:id:OIKAWAMARU:20210726213713j:plain

アマミハバビドロムシDryopomorphus amami Yoshitomi & M.Satô, 2005(奄美大島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213716j:plain

アマミヨコミゾドロムシ Leptelmis torikaii Kamite, Yoshitomi & Hayashi, 2017(奄美大島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213746j:plain

ノムラヒメドロムシ Stenelmis amamiensis (M.Satô, 1964)(奄美大島、沖縄島、渡嘉敷島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213727j:plain

リュウキュウアシナガミゾドロムシ Stenelmis hayashii M.Satô, 1999(奄美大島、徳之島、沖縄島、伊平屋島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213740j:plain

アカハラアシナガミゾドロムシ Stenelmis hisamatsui M.Satô, 1960(奄美大島、徳之島、沖永良部島、沖縄島、伊平屋島渡嘉敷島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213759j:plain

アマミミゾドロムシ Ordobrevia amamiensis (Nomura, 1957)(奄美大島、沖縄島、伊平屋島久米島西表島)※沖縄島以南は別亜種もしくは別種?

f:id:OIKAWAMARU:20210726213721j:plain

ナガツヤドロムシ Zaitzevia elongata Nomura, 1962(奄美大島、徳之島、沖縄島、伊平屋島久米島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213725j:plain

マルナガアシドロムシ Grouvellinus subopacus Nomura, 1962(奄美大島、徳之島、沖縄島、伊平屋島渡嘉敷島座間味島久米島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213733j:plain

サトウカラヒメドロムシ Sinonychus satoi Yoshitomi & Nakajima, 2007(奄美大島渡嘉敷島座間味島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213738j:plain

ヤエヤマアシナガミゾドロムシ Stenelmis ishiharai M.Satô, 1964(石垣島西表島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213744j:plain

ヨナグニアシナガドロムシ Stenelmis aritai M.Satô, 1964(西表島与那国島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213749j:plain

アリタツヤドロムシ Zaitzevia aritai M.Satô, 1963(石垣島西表島

f:id:OIKAWAMARU:20210726213756j:plain

ヤエヤマツヤドロムシ Zaitzevia yaeyamana M.Satô, 1963(石垣島西表島

f:id:OIKAWAMARU:20210726215150j:plain

サトウナガアシドロムシ Grouvellinus babai satoi Jeng & Yang, 1998(石垣島西表島

素晴らしいヒメドロムシたち。世界自然遺産の重要な構成要員として、今後も大事にされていって欲しいです。

 

さてその一方で、登録に伴う「危惧」というのも存在します。具体的な意見を2つ紹介しておきます。まずは世界自然保護基金WWF)↓

www.wwf.or.jp

それから日本自然保護協会(NACS-J)↓

www.nacsj.or.jp

これらの団体が指摘している危惧は非常にもっともなものです。こうした問題があること、そしてこうした問題を避けるべきであること、はぜひとも色々な立場の方がきちんと認識しておくべきでしょう。

私の個人的な経験からすれば、少なくともこの4島における止水性の湿地帯環境の荒廃は、この10数年ひどいものでした。このままでは、ゲンゴロウ類をはじめとする止水性昆虫の多くがさらに絶滅していくでしょう。このままではだめです。しかし再生は可能です。この登録を真の再生につなげて欲しいです。私は個人的には今回の自然遺産登録は良かったと思っています。この登録をなんとか湿地帯の保全と再生の機会に。本当に重要な局面です。関係者の方、力を持っている研究者の方、よろしくお願いします。この自然遺産登録が確実な生物多様性保全の加速につながるよう願っております。

論文

Matsumoto, T., Matsuura, K., Hanzawa, N. (2021) A new species of nine-spined stickleback, Pungitius modestus (Gasterosteiformes, Gasterosteidae), from northern Honshu, Japan. Zootaxa 5005: 1–20. 

www.mapress.com

 

日本産淡水魚が一種増えました。新種・カクレトミヨPungitius modestus Matsumoto, Matsuura & Hanzawa, 2021です。模式産地は山形県天童市最上川水系)となっています。

さて、山形県からのトミヨ属というと、やはりトミヨ属雄物型が脳裏をよぎるわけですが、今回記載された種は雄物川水系のものではありません。それでは何かというところですが、日本産トミヨ属の遺伝的な背景についてはTakahashi et al. (2016)で詳細に報告されているので、まずはそれを読むと理解がしやすそうです。で、その論文を読んで解説した時のブログ記事がこちら↓

oikawamaru.hatenablog.com

ということで今回新種記載されたのは、この論文でミナミトミヨP. kaibaraeクレードの中でJ4となっている「最上川水系の雄物型」であると思われます。私は先のブログでは「トミヨ属淡水型山形集団(未記載種)」が見えるとか勝手に書いていますが、これは月光川水系の淡水型なのでこれとは別です。つまり、雄物川最上川から知られていた「雄物型」のうち、最上川のものが今回新種として記載されたということになりますね。

既知のトミヨ属とは、背鰭や胸鰭の条数、体側鱗板が小さくそれぞれつながらないこと、背鰭・腹鰭・尻鰭の棘は短いこと、背鰭の膜鰭は黒く着色すること、などの特徴の組み合わせで区別ができるようです。

雄物川の「雄物型」やムサシトミヨなど、他と区別できる学名未決定種はまだいるので、今後の分類学的研究の進展が楽しみです。ちなみに私はトミヨ類の区別はまったく苦手なので、勉強していかなくてはなりません。。 

日記

今日も調査でした。今日は干潟に行きました。

f:id:OIKAWAMARU:20210722223400j:plain

チワラスボ(B種)です。手乗せ写真を撮ろうとして失敗しました。

f:id:OIKAWAMARU:20210722223455j:plain

この干潟にはいっぱいいました。今日は某達人と一緒だったので色々と教えてもらいました。勉強になります。ありがとうございます。

f:id:OIKAWAMARU:20210722223402j:plain

タビラクチです。牙がみえていますね。

f:id:OIKAWAMARU:20210722223405j:plain

干潟のエコトーン(移行帯)も堪能しました。この狭い範囲で変化する微環境!そしてそれにあわせて狭い範囲で変化する生物相!興奮しますね。しませんか。しますね。しますよ。

日記

今日は調査でした。

f:id:OIKAWAMARU:20210721220028j:plain

カゼトゲタナゴです。もう繁殖期は終わりです。

f:id:OIKAWAMARU:20210721220030j:plain

カムルチーの幼魚です。いわゆる雷魚外来種ですが、カッコイイです。

f:id:OIKAWAMARU:20210721220031j:plain

ギンブナぽいですが、背鰭基底長は短く謎な個体でした。

f:id:OIKAWAMARU:20210721220034j:plain

カマツカです。相変わらず良いです。

f:id:OIKAWAMARU:20210721220111j:plain

川から森へのエコトーンが美しい風景。間に道はありますが未舗装で幅は最低限。そのため連続性は保たれています。森の手前は休耕田で、ここを湿地帯化するとさらに良くなると思います。

 

日記

今日は久しぶりに観察会でした。水田。

f:id:OIKAWAMARU:20210719183650j:plain

アカハライモリです。すっごく嫌がっている。ごめんなさい。ちびっこたちに見せてから逃がしました。イモリとヤモリの違い、鉄板過ぎるネタですがけっこうみんな知らないので絶対に言っておく必要があります。

f:id:OIKAWAMARU:20210719183707j:plain

 ケシカタビロアメンボのかっこよさを観察している諸君の様子。誰か一人でもその存在を覚えていてくれればうれしいです。これで成虫と言うとけっこう驚いてくれます。チビゲンゴロウとともに、水田系観察会ではなるべく紹介しています。

日記

今日は調査でした。

f:id:OIKAWAMARU:20210713223631j:plain

今日の湿地帯。夏。湿地帯生物がたくさんいて良かったです。

f:id:OIKAWAMARU:20210713223606j:plain

チュウブホソガムシです!久しぶりに出会いました。まだ生き残っていてよかったです。なんとかこの先も生き残って欲しいです。

f:id:OIKAWAMARU:20210713223608j:plain

ルイスツブゲンゴロウです。美しい模様。この種もものすごく減っています。心配です。

ワンヘルス

コロナ禍の中で特に注目されている考え方が「ワンヘルス」。人と動物と環境の健康を一体で扱っていくという考え方で、色々な切り口がありますが、生物多様性保全はその柱の一つとして重視されています。

 

生物多様性条約のサイト内のこのページ

www.cbd.int

 

f:id:OIKAWAMARU:20210710224609p:plain

に掲載されているこの図では、もう生物多様性が完全に基盤になっていて私は好きです。

 

地方自治体では実は福岡県がかなり積極的に先行して施策を進めています。

www.pref.fukuoka.lg.jp

 

福岡県の施策では6本の柱として整理していて、そのうちの3番目に「環境保護」つまり「健全で豊かな自然環境」を保全していくことを挙げています。

www.pref.fukuoka.lg.jp

これはどうにか、県内の生物多様性保全においても実行力のある枠組みづくりにつながって欲しいと、個人的には思っています。

 

ワンヘルスについてはWWFの解説もわかりやすいです。

www.wwf.or.jp

 

ということで、生物多様性保全SDGs(持続可能な開発目標)の基盤であるとともに、ワンヘルス・アプローチの観点からも重要なものである、という位置づけにあることがわかります。社会的に生物多様性保全を取り巻く状況が20年前とは大きく変わりつつあるという近年の私の実感は、このあたりを根拠とします。それからこのワンヘルス、国内では日本医師会日本獣医師会が引っ張っているというのは、これは強いのですよね。そこの視点から、わりとストレートに、環境の保全生物多様性保全)も重要、という見解が出ているのは、とても大きなことだと思うのです。

残念ながら国内の生物相の破壊の速度はまったく緩まず危機的な状況です。ただ、このように保全するための枠組みは20年前よりはるかに良くなっています。いずれ生物多様性保全することが前提で、あらゆる面で社会の制度が変わってくると信じているのですが、その時に保全すべき生物相がほとんどなくなっているということになるのだけは避けたいものです。ということで、あの時やれることはやったと思えるよう、できる限り(死なない程度に)頑張って個別の保全案件に取り組んでいます。