湿地帯中毒

湿地帯中毒患者(末期)の日記です。

論文

Nakajima, J., Kamite, Y. (2020) A new species of the genus Urumaelmis Satô (Coleoptera, Elmidae, Macronychini) from Kyushu Island, Japan. Zootaxa, 4853: 421–428 : (LINK)

日本のヒメドロムシに新たな一種が加わりました!その名もカエンツヤドロムシUrumaelmis flammea Nakajima & Kamite, 2020です!Kamite博士との共著です。ヤッホィー!!まずはその御姿をご覧ください↓

f:id:OIKAWAMARU:20200918085046j:plain

カエンツヤドロムシUrumaelmis flammea Nakajima & Kamite, 2020

カッコいい!!赤い!模式産地は熊本県山都町、副模式産地は宮崎県綾町です。和名はこの炎のような赤さと、タイプロカリティである熊本県「火の国」にちなんで、「火炎」ツヤドロムシとしました。種小名もラテン語の炎のような、を意味するflammeusに由来します。既知種とは体長、前胸背の形態、上翅間室隆起条の特徴、さらに雄交尾器の形態から完全かつ容易に区別が可能です。

この種はこれまでまったくその存在が認知されていなかったもので、私自ら、しかも九州から発見したという点で破格の思い入れがあります。また、これまでサトウカラヒメドロムシSinonychus satoi Yoshitomi & Nakajima, 2007、キュウシュウカラヒメドロムシSinonychus tsujunensis Yoshitomi & Nakajima, 2012、クメジマアシナガミゾドロムシStenelmis hikidai Kamite & Nakajima, 2017の3種の新種記載を行いましたが、いずれも神レベルの第1著者に対する第2著者としての貢献であったことから、あまり活躍する余地がありませんでした。しかし今回は、イトコであるKamite博士の力を借りつつも、ゼロから解剖、計測、スケッチ、記載文の作成、投稿の手順を経て主に自力で記載することができました。そういう点でも思い出に残るヒメドロムシになりそうです。

実は発見したのは2008年、つまり12年前(!)。当時はまだ九州大学ポスドクをしていた頃ですが、出身研究室によって熊本県山都町某用水での水生生物調査が行われており、それに参加した私は水生昆虫を調べていたのでした。その日、2008年1月7日、朝早くまったくやる気がなかった私は淡々と網をいれて虫を捕まえていたわけですが、網の上に見慣れぬ赤いヒメドロムシが鎮座している様子に気づいたその瞬間の映像が今でも脳裏に焼き付いています。動悸、息切れ、おそらく変な声も出ていたものと思われます。見た瞬間、アカツヤドロムシかと思ったことを覚えていますが、しかしどうにも様子が違い、これは新種の可能性が高いと感じました。研究室に持ち帰って顕微鏡下で見てみると、これがまったく違います。驚愕しました。九州にまだこんなすごいのがいたとは!!新種記載するならせめて10個体はと思い、調査のたび探したものの、12月に数個体を追加できたのを最後にその後は何度やっても採れませんでした。その後、宮崎県で水生昆虫の調査をしている方からヒメドロムシの標本をもらい、なんとその中に2個体本種が含まれていることに気づきました。これで合計9個体、ということで満を持して記載論文の執筆を始めたのが今年の2月でした。ということで苦節12年、そういう意味でも感激はひとしおです。ということで以下、プレスリリース風に本論文を解説したいと思います。

---------------------------------

九州からウエノツヤドロムシ属の新種を発見!

今回、Nakajima & Kamiteは熊本県と宮崎県から採集されたコウチュウ目ヒメドロムシ科の一種を、新種カエンツヤドロムシUrumaelmis flammea Nakajima & Kamite, 2020として記載しました。ウエノツヤドロムシ属Urumaeimisは日本固有の属で、これまでに南西諸島からウエノツヤドロムシUrumaelmis uenoi (Nomura, 1961)ただ一種が知られるのみの特異なグループです。また、トカラ列島口之島産のものは亜種トカラツヤドロムシUrumaelmis uenoi tokarana M.Satô, 1963として区別されています。今回、カエンツヤドロムシは本属2種目の記載となり、また九州本島からの本属の初記録となります。

カエンツヤドロムシは体長2.3~2.5ミリメートル、体色が赤~赤味を帯びた褐色であること、上翅第6、7間室隆起が完全であること、同第5、8間室隆起が不完全であること、前胸背の前端が尖り突出すること、前胸背中央条溝が基部に達すること、オス交尾器中央片が長くその先端は側面からみると波打つこと、などの特徴で既知種と明確に区別が可能です。

本属を含むツヤドロムシ族Macronychiniの各属の関係については不明な点が多く、属の定義についても再検討が必要であることが指摘されています。ウエノツヤドロムシ属の中での本種とウエノツヤドロムシの系統関係、またツヤドロムシ族の中でのウエノツヤドロムシ属の位置づけを再考する上で、本種の発見は分類学的・形態学的に重要であると考えられます。また、九州では2012年にキュウシュウカラヒメドロムシ、2020年にヒョウタンヒメドロムシが発見、記載されており、本種もそれに続く発見、記載となります。いまだ不明な点の多い九州島における河川生物相の成立様式を明らかにする上で、生物地理学的にも重要な存在であると言えます。

f:id:OIKAWAMARU:20200923164536j:plain

 

 

 

 

日記

先日の渓流で心洗われながら採集した妖精の写真です。

f:id:OIKAWAMARU:20200916181715j:plain

タテスジマルヒメドロムシOptioservus ogatai。九州では最上流に分布し、標高の高い低水温の水質が良好な渓流にしか生息しません。上翅の斑紋は全体黒色から、全体褐色、そしてこのように鮮やかな斑紋をもつものまで様々。素晴らしい。体長2.7~3.1ミリ。

f:id:OIKAWAMARU:20200916181716j:plain

同所で採れた全体黒色タイプ。

f:id:OIKAWAMARU:20200916182018j:plain

上翅全体が褐色というか橙色というか着色するタイプ。マルヒメドロムシ属は同種内でも模様の変異があり、レア模様の個体を探す楽しみなどもあり、なかなか奥が深いです。

日記

今日は久しぶりに渓流にヒメドロムシ採りに行きました。レジャー です。

f:id:OIKAWAMARU:20200913214200j:plain

ということで今日の湿地帯。たいへん素晴らしい渓流。水が美しいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200913214201j:plain

ハバビロドロムシです。毛深いです。渓流の水際の流木の上やたまった落ち葉の間などで暮らしています。基質を伝って水中にもぐっていくこともできますが、泳ぐことはできません。

f:id:OIKAWAMARU:20200913214205j:plain

タテスジマルヒメドロムシです。低水温の清澄な水質の渓流の瀬の石の下などで暮らしています。この個体は模様があるバージョンですが、模様がないバージョンもいます。その割合は産地によって異なりますが、ここでは模様ありバージョンはかなりの珍品です。ええ、喜びに包まれましたよ。

f:id:OIKAWAMARU:20200913214207j:plain

生き物がたくさんいる渓流は素晴らしいです。単に冷たいきれいな水が流れていることだけが大事なわけではありません。そうした素晴らしい環境の中に、いるべき種が、いるべき量いる、ということが重要であり感動を生むのであります。

やはり休日は仕事をしてはいけません。休日はきちんと休んで湿地帯に行って湿地帯生物を捕まえたりしないといけません。明日は仕事で湿地帯に行って湿地帯生物を捕まえたりしないといけないのですが、そういうところでのやる気が充電されますよね。

f:id:OIKAWAMARU:20200913215500j:plain

おまけ。なんかたくさんいたニホントカゲの幼体です。尻尾の青は相変わらず驚異的な美しさ。

日記

色々と締め切り仕事が続いており、しばらく放置していました。すみません。。ということで今日は県外の湿地帯にて魚採りの仕事というか、なんというか。

f:id:OIKAWAMARU:20200909222538j:plain

カマツカです。今年はカマツカに出会う回数が少なすぎるので、うれしいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200909222539j:plain

オヤニラミです。久しぶりです。よく太った個体です。

f:id:OIKAWAMARU:20200909222540j:plain

ゼゼラです。ゼゼラ君も久しぶりです。

f:id:OIKAWAMARU:20200909222628j:plain

チュウガタスジシマドジョウ!美しい!!超久しぶりです。

f:id:OIKAWAMARU:20200909222627j:plain

シマヒレヨシノボリです。こちらも久しぶりです。

ということで魚採り、けっこうがっつりやって楽しかったです。

日記

今日は某所で観察会でした。

f:id:OIKAWAMARU:20200823214311j:plain

イカワのオスです。色は落ちかけですが、それでも美しいですね。オイカワの婚姻色の出たオス、などというものは珍しくはないのですが、今年は某コロ助のせいで観察会は軒並み中止になり、調査もままならかったために、出会えませんでした。ようやく出会えました。もう8月も終わりです。

f:id:OIKAWAMARU:20200823214312j:plain

ムギツクです。このくらいのサイズまではオレンジ色も鮮やかですね~。

f:id:OIKAWAMARU:20200823214326j:plain

カマツカです。たくさんいると、うれしいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200823214333j:plain

スッポンのかなり小さい個体。かわいいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200823214342j:plain

きれいなカワムツも採れたので、写真を撮ろうとしたのですが、瞬間、飛び跳ねて川にお帰りになられました・・残念・・
 





 

日記

今日は調査でした。良い湿地帯に出会えて浄化されました。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231316j:plain

水槽写真のようですが、現地で防水デジカメを沈めて撮影した生態写真です。ミズオオバコとキクモの楽園です!

f:id:OIKAWAMARU:20200818231325j:plain

ガムシです。大きいやつです。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231336j:plain

キベリクロヒメゲンゴロウです。真っ黒と思いきや縁はやや黄色くおしゃれなゲンゴロウです。スイカの種に似ています。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231343j:plain

コシマゲンゴロウです。上翅の模様は繊細で美しいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231352j:plain

ヒメゲンゴロウです。普通種で地味と思われていますが、上翅の斑紋は細かく独特でこれもまた美しいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231401j:plain

シマゲンゴロウです。くろむし屋のロゴにもしているくらいで、個人的に一番好きなゲンゴロウです。久しぶりに出会いました。やはり、シマゲンは、良い。。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231408j:plain

アカハライモリです。先ほどの池にいました。良い物件にお住まいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200818232939j:plain

二ホンアマガエルのオタマジャクシです。赤くなり顔が膨らむのは捕食者に対する変化(表現型可塑性)という研究があったかと思います。それですね。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231416j:plain

これは少し別の場所にて、モクズガニです。あんまりモクズガニがいそうもない水たまりでした。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231424j:plain

池のほとりでギンヤンマがイオウイロハシリグモに襲われていました。ずいぶんな体格差ですが、すごいハンターです。

f:id:OIKAWAMARU:20200818231850j:plain

ということではじめの写真の場所を水面上から撮ったものです。素晴らしい風景です。ものすごく大事なことですが、この池にはアメリカザリガニスクミリンゴガイジャンボタニシ)もウシガエルもいませんでした。かつては各地にこうした風景が普通にあったことが知られています。つまりこれが本来の日本の湿地帯の風景の一つということです。外来種が侵入していない湿地帯はまだ残っています。すでに手遅れなんてのはウソです。侵略性のある外来種の対策は必要です。

論文

近藤高貴(2020)イシガイ科貝類の新たな分類体系.ちりぼたん,50:294-296.

先日にイシガイ類の分子系統地理論文が出たことを本ブログで紹介しましたが(リンク)、本報文ではそこで示された各種について和名と学名の関係を整理するとともに、一部の種に新和名を提唱しています。

九州産のイシガイ類は現時点では10種ということになるわけですが、あたらめて和名と学名を整理すると以下のようになります。
・フネドブガイAnemina arcaeformis (Heude, 1877)
・ミナミタガイ Beringiana fukuharai Sano, Hattori & Kondo, 2020
・ドブガイモドキ Pletholophus reinianus (Martens, 1875)
・ヌマガイ Sinanodonta lauta (Martens, 1877)
・キュウシュウササノハガイ Lanceolaria kihirai Kondo and Hattori, 2019
・ニセマツカサガイ Inversiunio yanagawensis (Kondo, 1982)
・イシガイ Nodularia douglasiae (Griffith and Pidgeon, 1833)
・オバエボシガイ Inversidens brandtii (Kobelt, 1879)
カタハガイ Obovalis omiensis (Heimburg, 1884)
・マツカサガイ Pronodularia japanensis  (Lea, 1859)⁠

なおマツカサガイは先の論文で3系統を認めており、九州にはP. cf. japanensis 1が分布することになっていますが、これに対応する和名として本報では「マツカサガイ広域分布種」が提案されています。ただ現状では学名上はjapanensisですし、形態的差異もはっきりしないので、リストなどではひとまずこれまで通りマツカサガイで良いのではないかと思いました。

ほか、九州外の種としてBeringiana gosannensisについてキタノタガイ、Buldowskia kamiyaiについてヒガシタネドブカイの和名が新称されています。また、復活した種としてはBeringiana beringianaにチシマドブガイ、 Buldowskia iwakawaiにカタドブガイが過去の対応通り付されています。それから旧イシガイは主に東日本にタテボシガイN. nipponensis、西日本にイシガイN. douglasiaeが分布するということになります。

ドブガイSinanodonta woodianaは先の論文で外来種として日本に定着していることがわかっており、和名と学名の対応もこの通りとなります。かつてヌマガイとタガイを一緒にして「ドブガイ」と称していたことがあり、時折まだドブガイとリストしている調査報告書を見かけることがありますが、今後はドブガイと書いてしまうと外来種のドブガイS. woodianaのことになってしまうので、注意が必要です。なお属名としてはドブガイ属Sinanodontaですので、ヌマガイ類の未同定個体についてドブガイ属の一種、と記すのは問題ありません。