湿地帯中毒

湿地帯中毒患者 オイカワ丸の日記です。

希少種条例

2021年5月1日付で福岡県でも正式に希少野生動植物の保護に関する条例の指定種が決定しました↓

www.pref.fukuoka.lg.jp

詳細は上にある通りですが、以下の20種となります。これらについては採集、所持、売買が基本的に禁止されます。違反すると罰則もある厳しいものとなっています。

植物

1 ミスミソウ

2 キビヒトリシズカ

3 ヤシャビシャク

4 ミズスギナ

5 サワトラノオ

6 サギソウ

7 トキソウ

8 オキナグサ

9 ムラサキ

10 ウスギワニグチソウ

動物

11 ヨシゴイ

12 コアジサシ

13 セボシタビラ

14 ハカタスジシマドジョウ

15 コバンムシ

16 カワラハンミョウ

17 ミヤザキムシオイ

18 ヤマボタル

19 オバエボシガイ

20 カタハガイ

 

罰則規定付きの希少種の保全に関する法令としては、国の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律種の保存法)」(リンク)がもっとも基盤となるものですが、それ以外に各都道府県や市町村レベルでも独自に条例を作成し、種指定をしているところが増えてきています。したがって、趣味の採集や仕事としての調査・研究をする際には、条例に違反しないよう事前に調べるなど注意が必要です。また、これらの条例では追加指定も可能な形になっているので、常に最新の指定種の情報をチェックしておく必要もあるでしょう。

実は九州・沖縄地区では県別の希少種条例の制定は福岡県がもっとも最後となります。九州・沖縄地区の希少種条例を年代順に並べておきます。

 

佐賀県佐賀県環境の保全と創造に関する条例(2002年)」(リンク

鹿児島県「鹿児島県希少野生動植物の保護に関する条例(2003年)」(リンク

熊本県熊本県野生動植物の多様性の保全に関する条例(2004年)」(リンク

宮崎県「宮崎県野生動植物の保護に関する条例(2006年)」(リンク

大分県大分県希少野生動植物の保護に関する条例(2006年)」(リンク

長崎県長崎県未来につながる環境を守り育てる条例(2008年)」(リンク

沖縄県沖縄県希少野生動植物保護条例(2019年)」(リンク

福岡県「福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例(2021年)」(リンク

 

さて、種の保存法もそうですが、これらの希少種保護のための条例は、希少種が絶滅しないように制定されているものです。しかしながら種の保存法もそうですが、いずれも生息地の開発を制限する部分は非常に弱いという共通の欠点があります。これは個人のすでにある財産を可能な限り侵害しないようにという基本方針があるためです。そのため、採集禁止や売買禁止などの方面が強化された形が基本となっています。そして、そのために指定されながらその生息地が破壊されてしまう、あるいは直接破壊されないまでも周辺域の開発により結果的に絶滅してしまう、という例もかつてはしばしばありました。

昨今では生物多様性保全に関する意識も高まり、さすがに何の協議もなしに指定種の生息地が破壊される事態は少なくなりつつあります。特に公共事業においては、これらの条例を根拠にして、特別に予算を組んで保全が可能になることも少なくありません。条例は保全のための「道具」です。行政側が用意した道具を、我々がどのようにして活用していくのか、そこが重要な視点です。なんとかうまく活用して、指定して終わりではなく、生息地が増えて絶滅の危機を回避して指定を解除する、という方向に進まなくてはいけません。そしてそうなるよう、我々は注視し、時にきちんと意見をしていく必要があります。

ところで福岡県の条例では二つ、他県にはあまりみられない特徴があります。一つは種の保存法指定種との二重指定を可能にしていることです。今回の指定種の中では、魚類のハカタスジシマドジョウとセボシタビラがそれにあたります。実はかつてとある県において条例指定のとある水生昆虫がおり、それは県予算で保全や調査がきちんとなされていたのですが、その後に国の指定種になったために県条例指定種から外れて県が調査をしなくなり、とはいえ国もすぐには予算をつけずに調査ができず、知らないうちに絶滅していた、という事例がありました。本当に本末転倒な悲しい出来事でした。二重指定はどちらも責任をもつ、ということでもあるので、そういう悲しい事態を防ぐことができると期待しています。

もう一つは第5章にある「外来種に関する施策」です。ここに罰則がないのは残念ですが、「侵略的外来種の個体をみだりに放ち、若しくは植栽し、又はその種子をまく」などの行為の禁止が明記されています。福岡県ではすでに侵略的外来種リストを作成・公開しています(リンク)。ここで侵略性があると判定されている外来種を野外に放つことは、本条例に違反するものとして扱うことができます。

ということで繰り返しになりますが、希少種条例は指定して終わりではありません。生息地が増えて絶滅の危機を回避して指定を解除する、という方向に進まなくてはいけません。法令の細かいところだって変えていくことができます。ぜひともその状況を注視して、批判と応援をしてもらえればと思っています。そして自分も、その手の届く範囲、職務のギリギリまでがんばって保全に尽力したいと思います。

日記

疫病は猛威を振るっているので、今年の連休も遠出はせずに過ごします。ということでかつて行った奄美群島の風景写真などを見て、気を紛らわせています。

 

まずは奄美大島

f:id:OIKAWAMARU:20210501214612j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214621j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214628j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214634j:plain

 

続いて喜界島。

f:id:OIKAWAMARU:20210501214643j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214650j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214658j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214705j:plain

 

それから徳之島。

f:id:OIKAWAMARU:20210501214713j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214722j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214734j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214743j:plain

 

こちらは与論島

f:id:OIKAWAMARU:20210501214751j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214808j:plain

 

最後に沖永良部島

f:id:OIKAWAMARU:20210501214816j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210501214822j:plain

奄美群島の自然環境と生物多様性は世界的な宝物です。また行きたいですね。

論文(イシガイ)

川瀬基弘・村松正雄・横山悠理・横井敦史・熊澤慶伯(2020)愛知県奥三河地域で発見された日本初記録のBuldowskia shadini瀬木学園紀要,17:3-8.(リンク

イシガイ類は好きなので、日本新記録は折々追いかけています。愛知県から国内未記録のドブガイ類を発見したという論文です。

日本列島を含む極東アジア域のイシガイ類については、特に分子系統の観点から2020年に大論文が出ていますので(当ブログでも紹介しました↓)、これをベースに今後は色々な発見があるのではと思っておりました。

oikawamaru.hatenablog.com

今回の論文はまさにこのLopes-Lima et al. (2020)をベースとして、遺伝子による同定を行い、主に韓国からロシアにかけて分布するBuldowskia shadiniと類似した塩基配列の個体群が愛知県にいることを確認したという内容になっています。本論文では形態も確認しており、ドブガイ型、フネドブガイ型、タガイ型の3タイプを確認しています。しかしこの点もすでに先行研究で指摘されているとのことで、遺伝子と形態からこの種と同定できるという指摘は、妥当であるように思えます。現時点では外来種か否かを判断する材料に乏しいようですので、今後の研究の進展が必要です。

ところで本論文の結果もそうであったわけですが、やはりドブガイ類の形態同定(殻のみでの同定)はかなり困難なのではないかということが、最近色々とわかってきています。すべて遺伝子で同定するのは非常に困難でもあり、形態(特に軟体部)での同定形質に関する研究の進展が望まれるところです。遺伝子が違い、別タクソンということであれば、形態もどこかに違いがあるはずです。

日記

今日は休日。買い物などに行ったついでに、ちょっと川を見たりなんたり。

f:id:OIKAWAMARU:20210424214412j:plain

希少種が多く生息する小さな川、久しぶりに見に来たら浚渫されていました(涙)。ここはすでに改修はされていて、改修後に環境が再生して生物が再定着した場所と思われます。つまり20年くらいしたら環境構造は再生することはほぼ間違いないのですが、改修当時とは周囲の環境が異なるので、生物の方は二度と復活しないかもしれません。いまある希少種の生息地は一つずつ大事にしないといけないのですが。実はここについては管轄行政機関の担当者に希少種がいるから気をつけてくれ(引き継いでくれ)と言っていた場所です。ひどいことです。引き継がれなかったのでしょう。個人レベルでは限界があります。制度の問題で仕方ないと言うのは簡単ですが、それにしても毎回取り返しがつきません。やはり制度をなんとかしないと。

 

f:id:OIKAWAMARU:20210424214421j:plain

ところ変わって別の川。ここも希少種の宝庫でしたが、農地整備にともない川の付け替えが行われました。つまりまったく新しい川です。当初計画では全面三面コンクリートということでしたが、協議の結果それを回避して、部分的に底張りはせず深みにしてもらう合意形成ができました。まだ見た目はあれですが、こちらは周辺環境が良いので、10年もすればある程度は回復すると思います。この事業については、希少種が生息しているということでこの形での改修案に同意してくれた農家の方、希少種を保全してほしいと担当行政に言ってくれた地元の魚好きの方、なんとかせねばと動いてくれた担当者の方には本当に感謝しています。誰が欠けてもこうはできなかったことでしょう。こうした配慮の積み重ねが本当に大事です。

治水は必要だし、農地整備も必要というのは、よく理解しています。しかし自然環境に配慮すべしと法律にあり、税金を使った公共事業である以上は、可能な限りの生物多様性保全策をすべきです。少しの手間、少しの工夫、そんなことの積み重ねは我々の社会を長く持続する上でとても意味のあることです。

 

f:id:OIKAWAMARU:20210424214426j:plain

コンビニに生物多様性の恵みが売られていたので購入。食べました。おいしい。

食用になっているイカやタコは、すべて野生の個体を採集したものです。環境が悪化して生物多様性が損なわれれば、イカやタコを食べることはできなくなるわけです。生態系についての研究が進むにつれて、やはり、当初から多くの生物学者が考えていたようにすべての生態系・生物はつながり、かかわりあいながら成立していることが明らかになってきました。つまり、川や水路の生物相を無配慮に破壊し続けていれば、やがて、色々な食べ物が、豊かさが、失われてしまうということです。山も川も海もひとつながりの生態系です。そのことを今一度きちんと整理して、国の政策として正面から取り組み、問題を解決していく必要があります。現状、この10年でも、わが国の生物多様性は破壊されていく一方です。

日記

今日はテレビ番組のロケのため湿地帯にいっていました。いつか何かになるそうです。

f:id:OIKAWAMARU:20210422175053j:plain

カスミサンショウウオの幼生!あともう少しで上陸でしょうか。

f:id:OIKAWAMARU:20210422175055j:plain

ドジョウです。これは番組上どうしてもお見せしたかったのですが、普通にたくさんいたのでお見せすることができてよかったです。

f:id:OIKAWAMARU:20210422175059j:plain

ミズカマキリです。たまにみるとあまりの大きさとかっこよさに驚くタイプの水生昆虫です。その素晴らしさが過小評価されていると思います。良い。

日記

今日ちょっと打合せ。しかし遠方だったので、せっかくここまで来たからと、ちょっと水路に。

f:id:OIKAWAMARU:20210421175826j:plain

アブラボテ!婚姻色が最高潮です。九州産在来タナゴ6種の中でも異彩を放っています。素晴らしく美しいですね。

f:id:OIKAWAMARU:20210421175831j:plain

さっきのアブラボテも超大きいと思ったけれども、もう一すくいしたらさらに大きいのが採れました。何年生きているのでしょうか。尾鰭下はちぎれて体もやや変形しています。しかしこの色、今年が最後の繁殖ということで、ばりばり縄張りを張っているのだと思います。丁寧にもとに戻しておきました。

f:id:OIKAWAMARU:20210421175842j:plain

そんな場所の脇にいた小さなヌマガエル君です。かわいいです。

f:id:OIKAWAMARU:20210421175926j:plain

今日は天気も良く、何気ない風景も美しかったです。感動します。

日記

生物多様性の恵みには文化的サービスというものがあります。実在する生物をモチーフにした何らかの何かもそうしたものの一つです。そんなものの一つを入手しました。

f:id:OIKAWAMARU:20210420210128j:plain

若アユモドキです!京都府亀岡市の新銘菓です。これは素晴らしいアユモドキ。ドジョウ研究者として入手に動かざるを得ません。。中身は季節により変わるとのことで、今回は桜小豆餅でした。おいしいです。

f:id:OIKAWAMARU:20210420210146j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20210420210158j:plain

味のバランスを考え、しましま部分はパッケージとのこと。アユモドキの脱皮・・・。アユモドキという魚が存在しなければできることはなかったお菓子。そしてアユモドキが実在するからこそ感じる何らかの萌え。これはまさに生物多様性の文化的サービスですね。

販売しているのはリカーショップ寿屋 和菓子・紀の羽(ことのは)さんです。

liguor-kotobukiya.amebaownd.com

ご存じの通り、京都府亀岡市には琵琶湖淀川水系で最後に残ったアユモドキの生息地があります。そしてこれまたご存じの通り、その生息地付近でサッカースタジアムの建設計画があり、アユモドキへの悪影響も予想されたため様々に議論が行われ、色々な計画変更もあり、2020年に完成しました。スタジアムはできましたが、現在もアユモドキを絶滅させないため、研究者、行政、保全団体、営農者など色々な立場の方々が協力しつつ、この先の共存を模索しています。そうした中で、やはりこうしたお菓子がアユモドキという魚の存在を広くしらしめ、親しみを広げ、永続的な保全につながる一助にもなるのではないかと感じます。