湿地帯中毒

湿地帯中毒患者(末期)の日記です。

論文

Lopes-Lima, M. ほか(2020)Freshwater mussels (Bivalvia: Unionidae) from the rising sun (Far East Asia): Phylogeny, systematics, and distribution. Molecular Phylogenetics and Evolution, 146: https://doi.org/10.1016/j.ympev.2020.106755

www.sciencedirect.com

極東アジア地域のイシガイ類についての網羅的な分子系統地理&分類に関する論文です。非常に多くの新知見が含まれた超大作です(著者も36人)。本論文では日本産種を含む4種が新種記載されています。内容は膨大なので興味のあるところだけ、というか九州産についてメモです。

九州産のイシガイ類は現時点では10種ということになりそうです。以下その10種と学名。
・フネドブガイAnemina arcaeformis (Heude, 1877)
・和名なし(=旧タガイ) Beringiana fukuharai Sano, Hattori & Kondo, 2020
・ドブガイモドキ Pletholophus reinianus (Martens, 1875)
・ヌマガイ Sinanodonta lauta (Martens, 1877)
・キュウシュウササノハガイ Lanceolaria kihirai Kondo and Hattori, 2019
・ニセマツカサガイ Inversiunio yanagawensis (Kondo, 1982)
・和名なし(=旧イシガイ) Nodularia douglasiae (Griffith and Pidgeon,
1833)
・オバエボシガイ Inversidens brandtii (Kobelt, 1879)
カタハガイ Obovalis omiensis (Heimburg, 1884)
・マツカサガイ Pronodularia japanensis  (Lea, 1859)⁠

多少名前は変わりましたが、ひとまず認識していた体系に変化はないようで、安心しました。和名なしのものは旧タガイと旧イシガイがそれぞれ細分化(=適切な形に整理)という理解で良いと思います。

旧タガイ類は本論文では4種に区別されることが示されていて、北海道にB. beringiana(チシマドブガイ)、東北地方から中国地方にかけての本州日本海側にB. gosannensis(今回新種記載)、東北地方から関東地方にかけての本州太平洋側にB. japonica(タガイ)、本州(近畿・北陸以西)・四国・九州にB. fukuharai(今回新種記載)が自然分布するようです。それから旧イシガイは主に東日本にN. nipponensis、西日本にN. douglasiaeが自然分布するようです。このうち前者は日本固有種で、後者は朝鮮半島から中国大陸に広く分布するようです。これらの分布様式はいくつかの純淡水魚類の知見とも一致しますね。

それから在来かどうかよくわかっていなかったドブガイモドキですが、日本列島産と中国大陸産には遺伝的な違いがあり、本論文では日本列島産は在来の独立種と判断しています。それとマツカサガイも明確に3集団に区別できるようで、本論文では分類学的決定はなされていませんが、今後何らかの分類体系の変更がありそうです。

ということで形態での区別が難しいことから研究が遅れていたイシガイ類ですが、やはり、人類が予想していた以上に多様性をもった魅力的な生物であることがわかってきました。一方でその多くは絶滅に瀕しています。乱獲の問題もあります。生息環境(主に水路)の破壊も進んでいます。水系ごとにきちんと意識して保全していく必要があります。貴重な湿地帯生物として、もっと大事にしていかなくてはいけません。

 

f:id:OIKAWAMARU:20200219112505j:plain

九州某所のドブガイモドキです。この論文によれば関東、近畿、九州北部、石垣島の4地域が分布域になっていますが、どれも在来・・ではないですよね。石垣島のはやっぱり外来でしょうか?九州北部は?誰か教えてください・・

日記

TOKYOに来ています。今日は以前より行きたいと思っていた某湿地帯を某氏にご案内いただきました。が、そこはまあ置いておいて、その中の清流でヒメドロムシを採った話です。

f:id:OIKAWAMARU:20200216222303j:plain

里山の中に素晴らしい清流が!冬のTOKYOの清流といえば、やはりQ州にいないヨシトミダルマガムシを探索したいと、こうなるわけであります。時間がないというのに無理に採集を始めます。

f:id:OIKAWAMARU:20200216222250j:plain

ホソヒメツヤドロムシZaitzeviaria gotoiです。

f:id:OIKAWAMARU:20200216222321j:plain

マルヒメツヤドロムシZaitzeviaria ovataです。目的のものではありませんが、ヒメドロムシが採れたのでうれしいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200216222318j:plain

その後は勢い余って別の渓流へ。ヨシトミダルマガムシチャレンジを続けます!いそう!!

f:id:OIKAWAMARU:20200216222259j:plain

結果として、いませんでした。そううまい話はありません。しかしマルガムシHydrocassis lacustrisがいました。丸くてかわいくて大きな(約7ミリ)渓流性ガムシです。ということで真冬でも水生昆虫は採れます。

正誤表と新リスト

1月23日に文一総合出版から出版された「ネイチャーガイド日本の水生昆虫(リンク)」ですが、おかげさまで好評です。お買い上げいただいた皆様にお礼申し上げます。

しかしながら・・慎重に作成を進めたつもりですがやはり誤りも出てきており、本日正式に正誤表を公表しました。こちらです↓

www.bun-ichi.co.jp

この中で特に検索部294ページのページのミスは、これはよろしくありません。著者5人+編集氏の目を潜り抜けてしまったということでご容赦いただければと思います。294ページの下三つ、

「マメゲンゴロウ亜科 P303へ

「ヒメゲンゴロウ亜科 P304へ

ゲンゴロウ亜科・ゲンゴロウモドキ亜科 P305へ

が正しいです。早速付箋を挟んで、メモしておいてください。

それから分布情報についてはこの先も常に更新されていきます。また新記録種・新種もどんどん出てくるでしょう。学名の変更もありうる話です。したがってそのあたりをカバーすべく、このたび「日本産真正水生昆虫リスト」を作成して公開しました↓

kuromushiya.com

かつて存在した「くろむし屋 真の水生昆虫リスト」の発展版です。今回分布情報もあわせて追っていくことにしましたので、こちらで続々と新知見を紹介していければと思っています。日本の水生昆虫に関して調べるときには、図鑑とあわせてこちらのリストもご活用下さい。

ネイチャーガイド日本の水生昆虫、引き続きよろしくお願いします。

f:id:OIKAWAMARU:20200122170334j:plain

 

論文

Kondo, T., Hattori, A. (2019) A new species of the genus Lanceolaria (Bivalvia: Unionidae) from Japan. VENUS, 78: 27-31.

九州から新種キュウシュウササノハガイLanceolaria kihirai Kondo & Hattori, 2019が記載されました。いわゆる「九州のトンガリササノハガイ」です。模式産地は福岡県柳川市矢部川水系)、副模式産地として佐賀県唐津市松浦川)が挙げられています。あと従来のトンガリササノハガイL. grayii(模式産地は中国)は実は国内に分布しないという分子系統解析結果を反映し、国内産種(本州産・四国産)の学名はL. oxyrhynchaの適用が妥当ということで、これにあわせて和名もササノハガイに変更になっているようです。つまり本州・四国にササノハガイL. oxyrhynchaが、九州にキュウシュウササノハガイL. kihiraiが分布するというのが現在の知見です。

本論文によればキュウシュウササノハガイは遺伝的には本州や四国のササノハガイよりも、中国に分布するL. triformis(画像がありました)に近いという情報もあるようで、系統関係の推測はこの分類群難しそうですが、少なくとも九州の湿地帯生物相の大陸要素を反映した生物地理学的に重要な種であることは間違いなさそうです。分布は九州北部(福岡県、佐賀県大分県熊本県長崎県)となっていますが、ご存じのとおり九州の瀬戸内側は水生生物相がまったく異なり、本州・四国の要素を多分に含みます。したがって九州の「ササノハガイ」がすべてキュウシュウササノハガイかという点については、これはきちんと調べる必要があるでしょう。瀬戸内側には本物のササノハガイが分布する可能性もあると考えられます。この論文ではそのあたりは特に触れられていませんでした。

f:id:OIKAWAMARU:20200212103412j:plain

タイプロカリティと同産地のキュウシュウササノハガイです。新たに判明した九州の宝物、絶滅しないように大事にしたいものです。個人的な見解ですが、やはりこの種も生息地がだんだんと減ってきているのは間違いありません。なんとかならないものでしょうか。

日記

生きています。燃え尽き気味です。

f:id:OIKAWAMARU:20200207174706j:plain

オモナガコミズムシSigara bellulaのメスです。あまり面長ではありません。

f:id:OIKAWAMARU:20200207174707j:plain

オモナガコミズムシSigara bellulaのオス。面が長いです。オスもメスも背面の模様は見事であります。

日記

先日にフナ納豆氏から「研究用に」ドジョウを送ってもらったのですが、2匹ほど余分に入っていたばかりかとてもおいしそうだったので、食べることにしました。おすすめの「ドジョウのかけ汁」をつくってみました。フナ納豆氏が詳しく作り方を解説してくれているこの記事を参考にします。

f:id:OIKAWAMARU:20200131213134j:plain
生きたドジョウの雌2匹。とても立派でおいしそうです。

f:id:OIKAWAMARU:20200131213203j:plain

レシピに従って、炒めます。すでにおいしそうです。

f:id:OIKAWAMARU:20200131213135j:plain

完成!ごはんにかけて食べました。ドジョウは少なめだったのですが、十分に味が出ていました。これはおいしいです。何杯も食べられそうでしたが、何杯もありませんでした。いずれ近いうちにドジョウをとってきてもっとたくさんつくってみたいと思います。

ということでドジョウをお送りいただき、おすすめ調理法も教えてくれたフナ納豆さん、ありがとうございました!

論文

Watanabe, K., Tabata, R., Nakajima, J., Kobayakawa, M., Matsuda, M., Takaku, K., Hosoya, K., Ohara, K., Takagi, M., Jang-Liaw, N.H. (2020) Large-scale hybridization of Japanese populations of Hinamoroko, Aphyocypris chinensis, with A. kikuchii introduced from Taiwan.Ichthyological Research: online first  LINK

台湾産A. kikuchiiの移入に伴う日本産ヒナモロコA. chinensisの大規模な遺伝的攪乱、という論文です。ご存知のようにヒナモロコは東アジアに広く分布する淡水魚で、国内では九州北西部の限られた地域にのみ自然分布します。博多湾流入河川(室見川那珂川御笠川、多々良川)では1981年頃までに絶滅、有明海流入河川(嘉瀬川矢部川)では1980年代には絶滅してしまったため、唯一残った筑後川水系の系統を各水族館・施設で分担して系統保存するとともに、生息地周辺では採集したヒナモロコを保全団体が飼育・増殖した後に放流するという方法での域外保全・域内保全の対策がとられてきました。今回、国内で確認されているすべての飼育系統、野外系統について詳細に遺伝子解析を行った結果、そのすべてにおいて台湾産の同属の別種A. kikuchiiの遺伝子が混ざっているということがわかりました。すなわち、現時点において、ヒナモロコの日本在来系統はすでに絶滅している可能性が高いということになります。

もっとも最後まで野外で確認されていた日本在来系統は福岡県某市のもので、ここでは2000年代中盤までいたのは確実ですが、その後の環境の悪化により絶滅してしまいました。また飼育系統では琵琶湖博物館でかつて飼育されていた個体の標本が残されており、これが日本在来系統であったことが確認されましたが、この系統は現在では絶えて(A. kikuchiiと混ざって)しまっています。一方、1990年代に東京で流通していた「ヒナモロコ」を現在でも独自に増殖・維持している方から提供いただいた個体について解析したところ、いずれもヒナモロコではなく純粋なA. kikuchiiであることがわかりました。水族館・保全団体では遺伝的多様性を下げないために相互に飼育個体を交換していたことから、どこかの過程で、この流通していたA. kikuchiiが混入し、すべての飼育系統へ交雑が広まってしまったということが予想されます(ちなみにA. kikuchiiも台湾では絶滅危惧種です)。

ヒナモロコは非常に小規模な環境でも生きられることから、未発見の個体群が九州のどこかに残っている可能性もゼロではありません。まずはそうした調査をあきらめず進めていく必要があります。それから現在の飼育個体群はすべて交雑個体群であることから、野外への放流はいちどすべて中止することが望ましいと思われます。環境教育として行われている放流も、ここで立ち止まって別の方向で進めていく必要があるでしょう。それから現在の飼育個体群にも日本産ヒナモロコの遺伝子が含まれていることから、遺伝子資源の保全という観点からは、この飼育個体群にも価値があり、引き続き維持する必要があります。

今回の結果から、日本産ヒナモロコ集団は大陸の集団とは200万年ほど隔離され、独自の進化を遂げていたらしいこともわかりました。この論文では触れていませんが、大陸産のヒナモロコと日本産のヒナモロコは形態でも区別できます。それが未来永劫失われてしまったとすれば大変残念です。今回の件でもっとも心にとどめるべき教訓は、放流による保全は非常にリスクが高い手段であるということ、希少種の保全は場の再生を中心にすべきで放流は最終手段であること、を保全を行う上で各位がよく理解し共有するということにあると個人的には考えます。遺伝的攪乱は一度起こってしまったら取り返しがつきません。遺伝的な部分を確認していない状況での放流は、環境破壊に等しいということを色々な立場の方が共有していく必要があるのではないかと思います。

f:id:OIKAWAMARU:20200131085020j:plain

写真は1971年4月に佐賀県で採集されたヒナモロコで、おそらく日本在来系統です。撮影者の野中繁孝氏に掲載許可をいただきました。ありがとうございました。

 

筆頭著者である京都大学・渡辺勝敏先生の解説もあわせてお読みください↓

sites.google.com