湿地帯中毒

湿地帯中毒患者(末期)の日記です。

論文:日本産新種のヨシノボリ

Suzuki, T., Oseko, N., Kimura, S., Shibukawa, K. (2020) Two new species of torrential gobies of the genus Rhinogobius from the Ryukyu Islands, Japan. Bulletin of The Kanagawa Prefectural Museum (Natural Science), 49: 7-28.(リンク

リンク先から誰でもPDFのDL可能です。じわじわと新種記載が進展している日本産ヨシノボリ属ですが、ついにヒラヨシノボリが新種として記載されました。従来ヒラヨシノボリは学名未決定のまま南西諸島に広く分布するという形になっていましたが、今回、これまでの遺伝学的な研究を背景として、形態的にも区別できることから2種として記載されました。ということで以下となります。

ヤイマヒラヨシノボリ Rhinogobius yaima Suzuki, Oseko, Kimura & Shibukawa, 2020

分布:石垣島西表島

ケンムンヒラヨシノボリ Rhinogobius yonezawai Suzuki, Oseko, Kimura & Shibukawa, 2020

分布:種子島屋久島、奄美大島、沖縄島

形態的な区別点は論文の方にものすごく詳細に記載されているのでご確認下さい。特に縦列鱗数、雄第1背鰭の長さ、腹鰭第5軟条の分岐などに違いがあるようです。入魂の力作でたいへん勉強になります。

f:id:OIKAWAMARU:20200404212704j:plain

ということで手持ちに画像がないか探してみたところ、ケンムンヒラヨシノボリR. yonezawai がありました!大きいオスは黒ずんで、独特の平たい頭部と相まって魅力的な種です。実は個人的にあんまり縁のないヨシノボリですが(南西諸島の渓流に行くとヒメドロムシばかり探しているため・・)、次に生息地に行く機会があればぜひ出会ってみたいです。

さて、残る日本産ヨシノボリ属も少なくなってきましたが、今後の分類学的研究の進展が楽しみです。

論文:日本初記録のゲンゴロウ科

三宅 武(2020)日本初記録のゲンゴロウPlatambus ussriensis (Nilsson).さやばねニューシリーズ,37:44-45.

日本初記録のゲンゴロウ科が対馬から発見、報告されました!その名もウスリーマメゲンゴロウPlatambus ussuriensis (Nillson, 1997)です。その名のとおり、ロシア極東部で発見された種で、中国北部、朝鮮半島にも分布します。すなわち、対馬の生物相の大陸要素を反映した生物地理学的に重要な種といえます。対馬内の分布が局地的なのか、それとも広く分布しているのか、今後の調査が必要です。

f:id:OIKAWAMARU:20200402094434j:plain

ということで気になるその御姿がこちら!対馬のyohboさんに特別に提供いただきました!どうもありがとうございます。パッと見て上翅後半の円形の黄色斑紋が目立ちますね。対馬には何度か行っていますが、まだ出会ったことがありません。出会いたいです。クロマメ系いないのかなーとちらりと思ったことはあったのですが、やはりいたということでもっと本気で探せばよかったと悔やまれます。

拙著「ネイチャーガイド日本の水生昆虫」には当然のことながら掲載されていません。本種が属するモンキマメゲンゴロウ属はこれまで国内から8種、モンキマメゲンゴロウ、ニセモンキマメゲンゴロウ、キベリマメゲンゴロウ、サワダマメゲンゴロウ、クロマメゲンゴロウ、ホソクロマメゲンゴロウ、コクロマメゲンゴロウ、チョウカイクロマメゲンゴロウ、が記録されています。このうちモンキ、ニセモンキ、キベリは上翅に明瞭な斑紋があることから、またサワダは斑紋がなく独特の深い印刻があることから、区別は容易でしょう。似ているのはクロマメ、ホソクロマメ、コクロマメ、チョウカイクロマメです。大まかにいってウスリーマメはコクロマメよりは大きく、その他クロマメよりはやや小さいようです。また黄色斑紋の形や大きさも参考になるかもしれません。とはいえやはり、これらとの区別は雄交尾器を見るのが確実です。

ところで対馬には朝鮮半島との共通種が多く自然分布することが知られており、ツシマヤマネコ、シベリアイタチ、キタタキ(絶滅)、アムールカナヘビ、アカマダラ、チョウセンヤマアカガエル、チョウセンケナガニイニイ、キンオニクワガタ、チョウセンヒラタクワガタヒメダイコクコガネなどなどが有名です。最近話題になったユーラシアカワウソも同様のものでしょう。もっと他にもいます。そしてこれらはいずれも壱岐島や九州本島には自然分布しません。

一方で水生昆虫では同様の分布様式をもつ種はこれまであまり知られていなかったのですが、近年になってタイリクシジミガムシやツシマツヤドロムシが同様に九州には分布せず、対馬朝鮮半島にかけて分布することがわかりました。また、北海道~中国大陸~朝鮮半島対馬に分布するチビコガシラミズムシや、本州東部と中国大陸~朝鮮半島対馬に分布するセスジガムシのようなパターンもあります。ということでウスリーマメゲンゴロウ対馬の水生昆虫相の成立様式を考える上でも重要な種であることがわかります。対馬の生物相は朝鮮半島要素ばかりかというとそうでもないことが興味深く、九州との共通種も多くいます。すなわち日本列島の要素と朝鮮半島の要素が混然一体となった、独自の非常に興味深い生物相をもつ地域であるということです。対馬の自然環境は近年も比較的安定しているようですが、今後もより良い状態で維持されるよう、努力していく必要があるでしょう。

日本産真正水生昆虫リストでもさっそく反映しておきました。図鑑出版後の変更、間違いの修正は適宜こちらで行っています→ リンク

 

論文:ドジョウの外来系統と在来系統の形態

松井彰子・中島 淳(2020)大阪府におけるドジョウの在来および外来系統の分布と形態的特徴にもとづく系統判別法の検討.大阪市立自然史博物館研究報告,74:1-15.(リンク

共著論文が出ました。リンク先からPDFをダウンロードすることができます。

ドジョウMisgurnus anguillicaudtusは東アジアに広い分布域をもつ種ですが、従来この種とされてきたものは遺伝的に複数の系統に区別されることがいくつもの論文で明らかにされています。そのうち日本産で形態的に顕著なものについては既存文献の情報を整理して中島・内山(2017)が和名新称を行って仮に4種に区別しましたが(ドジョウ、キタドジョウ、シノビドジョウ、ヒョウモンドジョウ)、実はこの中の「ドジョウMisgurnus anguillicaudtus」についてはさらに日本列島産(B-1系統)と中国大陸産(B-2系統)間で遺伝的特徴が大きく異なることが従来から知られていました。今回、大阪府内におけるドジョウ現状調査を足掛かりとして、この日本列島産と中国大陸産の「ドジョウ」の形態を遺伝子との対応をとって精査し、この両系統が形態でも区別できることを明らかにしました。加えてこの形態的違いに基づいて博物館所蔵標本の調査を行い、両系統に同定されるドジョウの採集年代を調べました。

結果として日本在来のB-1系統と中国大陸由来の外来のB-2系統は、背鰭条数と腹鰭・尻鰭・尾鰭間の長さの比、の2点に注目することで高い精度で区別できることがわかりました。ということで区別点を整理した図が以下となります。

f:id:OIKAWAMARU:20200401101034j:plain

赤字は今回論文で示した点。黒字は補足として参考になる(と私が考えている)点です。この5項目をチェックすれば、ほぼ在来ドジョウか外来ドジョウかは区別できると思います。今回の研究では調べた個体数は少ないものの交雑個体についても調査を行い、その形態は外来系統に似るということもわかりました。ということで誤差もあるので簡易的には、10個体捕まえてその形態を調べれば、ほぼその場所のドジョウか在来か外来かがわかるということになります。画期的!実はこの区別点は300個体ほどのドジョウを調べていて天才的直感に基づき数年前に気づいたのですが(本論文で引用している吉郷(2007)がすでに指摘していたことに後で気づきましたが)、今回こうしてようやく科学的に示すことができて感無量です。遺伝子との関係を詳しく調べてくれた共同研究者に感謝です。

しかし喜んでばかりもいられません。この区別点に基づいて大阪市立自然史博物館所蔵標本の調査を行ったところ、1959年から1999年に採集されたものはすべて在来系統の形態でしたが、2001年に淀川で、2004年に大和川水系でそれぞれ初めて外来系統の形態をもつ個体が得られており、近年得られたものの大部分は外来系統の形態をもっている個体であることがわかりました。すなわち何らかの理由で在来系統は各地で滅び、一方で21世紀に入ってから外来系統が急速に分布を広げているということになります。一見するとどちらも「ドジョウ」ですが、知らないうちによく似た外来ドジョウに置き換わってしまっているということになります。日本各地で同様のことが起こっている可能性があります。それから「ドジョウ」という「普通の魚」を「集めて標本として保管していた」、博物館の重要性もまたこの研究の結果から見えてくるものと思います。大阪市立自然史博物館がドジョウ標本を収集・保管していなければ、こうした外来ドジョウへの置き換わりの状況は把握できなかったでしょう。

それでは何故、外来ドジョウがこの地域に侵入しているのでしょうか。ドジョウは空を飛べませんので、これは人為的な放流に由来することは間違いありません。一般的には食用として輸入された活ドジョウの放逐が疑わしく、食用ドジョウの流通が盛んな関東地方に外来ドジョウが多いのはそれが原因と考えていますが、大阪周辺では食用として売買する文化が現在ではほとんど残っていません。一方で、大阪湾周辺地域ではかなり早い段階からタチウオ釣りの活餌としてドジョウが釣具店で売買されており、現在でも多く売買されています。したがって、大阪平野での外来ドジョウの侵入・定着は、この釣り餌用の輸入活ドジョウの生き残りが野外に放逐され、外来種として定着したことが原因ではないかと、現時点では考えています。

ということで、人為的に放流された外来ドジョウの分布拡大に伴い、数十万年かけて大阪地域で独自の進化を遂げつつあった在来ドジョウが消滅の危機にある、ということがわかりました。ドジョウが自力でつくりあげた世界が人間によって破壊されつつあるということです。この自然遺産(在来ドジョウ)を後世に伝えていくために、ひとまず我々にできることは、よそから持ち込んだドジョウを放流しない、ということに尽きます。ドジョウの事情を尊重するということです。また、在来ドジョウであっても地域によってその遺伝的特徴は異なります。九州の在来ドジョウを関西に放流することはもちろん、兵庫県のドジョウを大阪府に放流することも、これは外来種を放流することと同じです。地域固有のドジョウを地域で大事にしていく、という方向にこの先なっていけばと思います。また本論文がそのきっかけの一つになるよう願っています。ぜひ身近なドジョウの形態を調べてみて下さい。気になる点があればご連絡いただければと思います。引き続き情報収集中です。

 

 ところで私は在来ドジョウの生息場再生とか域外保全とかにいくつか関わっていますが、このあたりは考え方に難しい部分があるようで、混乱がみられます。私が在来ドジョウの保全において気を付けていることとして、以下に4つメモしておきます。

1.ごく周囲に在来ドジョウがいる場合は生息場をつくって勝手にドジョウがやってくるのを待つ。これがベスト。

2.生息場をつくったもののごく周囲に在来ドジョウがいない場合、同一水系から持ち込むのは問題が少ない。ドジョウは移動能力が高いので同一水系で遺伝的に違いがあるということはまずない。同一水系なので逃げ出しても問題がない。ただし在来かどうかの確認は必要。

3.生息場をつくったものの同一水系にすらいない場合、平野を共有する別水系からの持ち込みは問題が少ない。ドジョウは山を越えることは難しいですが、大規模な出水時に平野伝いに分布を広げるため、そうした水系間で遺伝的に異なることはまずない(これは論文作成中です)。ただし在来かどうかの確認は必要。

4.生息場をつくったものの同一水系にも平野を共有する水系にもいない場合、ドジョウの再生はひとまずあきらめます。ただ、例えば隔離された都市公園内の池、海岸近くの孤立したビオトープなど、逃げ出してもその先で定着できそうな場所がない場合は、もっとも近郊の生息地から在来ドジョウを持ち込んで系統保存や環境教育に用いることは問題が少ないと考えています。ただ、このあたりはケースバイケースなので、その都度大学等の専門家に相談するとよいでしょう。これぐらいの相談にはだいたい無料でのってくれると思います。

以上はドジョウ保全のための考え方ですが、ドジョウにおいてはもう一つ、食用としての養殖の問題があります。とにかく逃げ出さないようにして欲しいということがすべてなのですが、ドジョウ養殖において逃げ出しは必須の対策事項と古くから言われているように、逃げ出しを防ぐことは非常に難しいです。それを防ぎつつ大きな成果を上げているのが、大分県での「屋内無泥養殖法」による大分のんきどじょうで、この養殖法だと逃げ出しは最小限に抑えられます。また、もう一つははじめから逃げ出しても良いように、養殖場周辺あるいは同一水系で捕獲したドジョウを元手に始める、ということです。実際のところドジョウ養殖は需要と供給の関係から、新規参入して成功することはかなり難しい情勢と考えています。その中で地域特産品として売り出していくのであれば、地域在来のドジョウ、を養殖して食用にするという売り出し方の方向性は考えられるのではないでしょうか。これは今後の生物多様性保全やSDGs(持続可能な社会の構築)の考え方が主流になる社会で商売をする上で、重要な視点です。ということで今後のドジョウ養殖において必要な考え方を以下に2つメモしておきます。

1.屋内無泥養殖法などの逃げ出さない方法で養殖する。

2.逃げ出しても問題がない種苗を用いる。具体的には養殖場の周囲あるいは同一水系から捕獲してきた個体を用いる。

 

最後におまけですが、放流による保全や放流を伴う水産業を行う上で、日本魚類学会自然保護委員が作成した「生物多様性保全をめざした魚類の放流ガイドラインリンク)」は非常に参考になります。興味ある方はぜひともこの考え方を理解してください。ちなみに私も日本魚類学会自然保護委員の一人です。

 

おまけその2。ドジョウの在来系統と外来系統が形態と遺伝子で区別できる、ということであるならば、この2系統を同種と扱っておいて良いのかという疑問が出てくると思います。M. anguillicaudatusは中国大陸系統であることは間違いありません。したがって日本産ドジョウの学名をどうするかということになりますが、実は日本産はすでにシーボルトコレクションに基づいてTemminck & Schelgelによって記載されています(=Cobitis rubripinnis)。私はこのタイプ標本を現認したことはありませんが、その写真や記載に用いられた図を見る限り、上記の日本産の特徴に一致するようです。これを復活させるという分類学的処置も、今後十分に検討されるべきところでしょう。

 

おまけその3。外来ドジョウ放流の原因として先に食用目的や釣り餌投棄を挙げましたが、実はもう一つありうるものとして、希少鳥類の餌用としての放流があります。これは実際にかつて佐渡島兵庫県などで起こっていたことです。昨年に日本鳥学会自然保護委員会から「コウノトリ等の放鳥と給餌に対する考え方について(PDF」という見解が出されており、ここでは「餌として、ドジョウのような淡水魚をはじめとする動物を放流する人が出てくることが考えられますが、これは、生物多様性保全の上で、遺伝的な攪乱を生じさせる恐れが高い行為です。」と明記されています。昨今、自然再生のシンボルとしてトキやコウノトリを呼ぼうという活動が各地で行われていますが、その際に外来ドジョウをばらまいてしまっては、これは単なる環境破壊です。生物多様性保全を目的として行うのですから、環境破壊となる外来ドジョウの放流は、絶対にしてはいけません。鳥だけを見ていてはいけません。余談ですが、実は私の方でもこの点で実際に問題に直面したことから、昨年に日本鳥学会自然保護委員の方に相談して、こうした見解を出していただくことになりました。対応いただき感謝申し上げます。餌生物となる在来ドジョウが勝手に増殖し、人為によらずトキやコウノトリが暮らしていけるような湿地帯を各地に再生する、という視野を持つことが大事です。

グッピー

言わずと知れた有名熱帯魚のグッピーですが、周年温暖な南西諸島では各島で外来種として定着しています。九州本土は気温が低くなるので低温に弱いグッピーは冬には死んでしまうために普通にはみられませんが、湧水や温泉のある場所では局地的に定着しています。そういう意味で九州本土では侵略性が高い種とは言えないかもしれませんが、そうした環境に特有の未知の生態系を損壊している可能性もあり、何らかの悪影響はあるかもしれません。ただ定着している場所ではものすごい個体数がみられ、現実的に根絶は絶望的です。

f:id:OIKAWAMARU:20200329232136j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20200329232218j:plain

f:id:OIKAWAMARU:20200329232235j:plain
f:id:OIKAWAMARU:20200329232137j:plain

上、4枚とも同所で採集されたオスです。グッピーと言えば様々な品種改良個体が知られており、放流されるのはおそらくそうしたものだと思いますが、野生化したグッピーの体色はどれも比較的よく似た、野生種に近い色彩になります。それでもカラーパターンは色々で、どうやってこうした配色が決まるのかは興味深いところです。すでに研究例があるのかもしりませんが、このあたりは私は詳しくありません。眺めていると、きれいです。

f:id:OIKAWAMARU:20200329232139j:plain

こちらはメスです。メスは尻鰭の形がオスとは大きく異なるので区別は簡単ですが、そもそも色もありません。飼っている熱帯魚をその辺に放流することは、即、外来種問題につながります。一度飼育をしたら最後まで責任をもって飼育しましょう。

知るからはじめる外来生物

「知るからはじめる外来生物~未来へつなぐ地域の自然~」を入手しました。これは大阪市立自然史博物館で3月から開催予定であった「知るからはじめる外来生物」展の解説書なのですが、例のウイルスのせいで展示が開始できていないとのことです。この冊子は大阪自然史博物館友の会ネットショップから通販可能です。

omnh-shop.ocnk.net

 

f:id:OIKAWAMARU:20200327222422j:plain

目次です。圧倒的な迫力を感じます。これほどわかりやすい項目だての外来種本はなかなか無いように思います。

f:id:OIKAWAMARU:20200327222430j:plain

わかりやすい国外外来種オオクチバスやアライグマ)だけでなく、国内外来種についても詳しく書いてあります。よくあるホタル放流の問題もコラムにて解説。

f:id:OIKAWAMARU:20200327222440j:plain

それから対策、というか「考え方」もわかりやすく整理されています。外来種問題はそもそも何が問題なのか、その問題を解決するにはどうしたらよいのか、考える上で必要な材料がこの冊子にはわかりやすく書いてあると思いました。

f:id:OIKAWAMARU:20200327222448j:plain

外来ドジョウ(=中国大陸由来の外来系統のドジョウ放流の問題)についてもコラムで紹介されています。実はこちらの学芸員のMさんと共同でしばらく調べていたもので、このコラムのベースとなった論文も今月末に出る予定です。こちらもまた紹介します。身近な在来種がよく似た外来種にひっそりと置き換わっていく、という現象が実は日本各地で起こっています。

展示開始は未定とのことですが、本来の会期は5月末までとのことですので、なんとか例のウイルスの問題が解決して、開催できることを祈っています。それまでこの本を読んでお勉強しておくとよかろうと思います。ぜひ入手してみてください。

水田・水路でつなぐ生物多様性ポイントブック

ここ数年WWFジャパンさんが進めてきた九州北西部の水田・水路地帯での生物多様性保全に向けた取り組みですが(WWFのキャンペーン記事)、このたびその成果の一つとして「水田・水路でつなぐ生物多様性ポイントブック」が完成したそうなので紹介します。

www.wwf.or.jp

こちらは基本的に行政向け、すなわち自然環境や公共工事部局に向けて作成したもので、福岡県、佐賀県熊本県の各県庁組織を中心に関連部局に送付されているとのことです。そのため冊子体については一般向け部数が少ないのですが、非常に良いものであることから色々と調整をしていただき、このたびPDF版を一般の方でも入手できるようにしてもらいました。上のサイトに行ってもらって、メールにてダウンロード用のパスワードを申請してもらう形になります。

内容をチラ見せいたします。

f:id:OIKAWAMARU:20200324214907j:plain

水路の改修事業を担当する上で、生物多様性に配慮した進め方をするにはどうしたらよいか、考えるべきポイントをフローチャートで確認できます。

f:id:OIKAWAMARU:20200324214916j:plain

具体的な改修事例を紹介しています。この事例の「何が良いのか」という点を詳しく書いているので、これそのものができなくても、その「仕組み」を理解すれば応用して少しでも生物に影響が少ない工法を考えることができます。

f:id:OIKAWAMARU:20200324214919j:plain

近年では生物に配慮した事業を実施した後に、行政が協力して「環境教育」を行うことがあるのですが、そうした時に注意すべき点、特に行政がかかわってはいけないことを簡潔に理由とともに解説しています。

f:id:OIKAWAMARU:20200324215624j:plain

特に九州北西部の水路地帯でトップレベルに配慮が必要な4種(セボシタビラ、カゼトゲタナゴカワバタモロコ、アリアケスジシマドジョウ)については、1ページずつ、その生態と保全のポイントを解説しています!

f:id:OIKAWAMARU:20200324214938j:plain

さらに九州北西部の淡水魚同定マニュアルもついています。このあたりの水路や河川でみられる魚類はまだ他にも色々いるんですが、とりあえず最低限覚えておいて欲しい種を区別できるよう解説しています。

食糧生産の場である「水田・水路」は、同時に、多様な湿地帯生物の生息環境であり、それらの生物は食物や癒しとして人類の役に立ってきました。食糧生産の場である水田・水路の利便性を上げ近代化することが人類にとって重要なのは間違いありませんが、その一方でその近代化により急速に水田・水路地帯の生物が絶滅しています。水田・水路の改修をするなというわけではなく、水田・水路で多様な生物と共存することは人類にとっても意義が大きいという事実を共有し、どうしたら共存できるのかということについて、その具体的な方法を考えていく必要があります。この資料はそうした思考をめぐらす上で大きく参考になると思います。この一冊ですべてが変わるとは思いませんが、こうしたことを積み重ねて、人間と生物が共存するような農業地帯の形成が、九州はじめ各地で進展していって欲しいです。

日記

行こうと思っていた研究会もなくなったので、基本的に家などで庭の作業など。

f:id:OIKAWAMARU:20200322231541j:plain

 昨年に増やすつもりがなかったのに誤って繁殖してしまったカブトムシの土を替えました。ポン氏が数えたところ22匹いました。育っているので成虫にしたいです。大きい個体を3匹、大きい成虫にすべく別ケースに。残りはごちゃりと飼育します。F岡県産、しかも同一地域なので逃げ出しても遺伝的には問題がないのだろうと思いますが、しかし、飼育個体の遺棄は基本的に生態系を乱します。責任をもって最後まで飼わなくてはいけません。成虫が出てくるのが楽しみです。