湿地帯中毒

湿地帯中毒患者(末期)の日記です。

日記

気付いたら10日ほど空いてしまいました。生きています。今日は某所から某氏が某プロジェクトの取材のためQ州国に来られたので、ご案内もかねて湿地帯を堪能してきました。 レンゲ畑とヤリタナゴ!美しい!感動的! ニゴイです。この水系のは欲しかったので…

日記

オキナワミジンダルマガムシLimnebius nakanei okinawaensisです。体長約1.2ミリ。沖縄本島の固有亜種で、清流の岸際の砂利中でひっそりと暮らしています。真横からみると体下面に空気をいっぱい貯めていることがわかります。水中の砂利や落ち葉の表面を素早…

日記

ポン氏がめでたく保育園を卒業(卒園?)したので、卒業旅行として家族で沖縄島に行ってきました。 7回目?くらいの沖縄島ですが、今回は家族旅行であるからして観光です。 A&Wへ。ここのハンバーガーが好きです。もちろんルートビアも大好きです。 夜も…

日記

今年度最後の調査。当然、湿地帯です。 今日の湿地帯はこちら!良いですねー。この何気なさがにおいますねー。 ここは数年前にみつけた秘密の湿地帯のうちの一つなのですが、数年ぶりに再訪。相変わらず!カスミサンショウウオの卵のうが!たくさんあります…

日記

今日は湿地帯調査でした。まずは知り合いの方からいただいた情報に基づく現地確認。 確かにかなり良い水路!これは珍しい! オオ!ドジョウ!確かにいました。この水系で採ったのははじめてです。 カスミサンショウウオの卵のう。多くはありませんでしたが、…

日記

年度末鬼進行はなんとかコントールできそうな今日この頃。。 侵略的な外来種として活躍していたマングースの駆除にほぼ成功した奄美大島において、アマミノクロウサギの個体数が増えているという新聞記事を見ました。 www.asahi.co 実は一昨年、昨年と二年連…

書評

ウラケン・ボルボックス(絵と文)・五箇公一(監修)「侵略!外来いきもの図鑑 もてあそばれた者たちの逆襲」PARCO出版 publishing.parco.jp 侵略性のある外来種は生態系のみならず、農林水産業や公衆衛生、文化財などあらゆる分野に問題を与えており、現在…

論文

Tominaga, A., Matsui, M., Nishikawa, K. (2019) Two new species of lotic breeding salamanders (Amphibia, Caudata, Hynobiidae) from western Japan. Zootaxa, 4550: 525–544. (LINK) 今年出版された九州関連のサンショウウオ分類論文でもう一つ重要な…

論文

Matsui, M., Okawa, H., Nishikawa, K., Aoki, G., Eto, K., Yoshikawa, N., Tanabe, S., Misawa, Y., Tominaga, A. (2019) Systematics of the widely distributed Japanese clouded salamander, Hynobius nebulosus (Amphibia: Caudata: Hynobiidae), and …

日記

花粉症は最低ですが、すでに3月も5日となり確実に春です。春となると毎年思いをはせる淡水魚がいます。そう、九州のニホンイトヨです。イトヨは言わずと知れたトゲウオの仲間で、遺伝子と形態から区別されていたいくつかの型のうち、イトヨ日本海型がニホン…

日記

カスミサンショウウオの産卵状況の調査に行ってきました。 ここは数年ぶりに訪れた秘密の湿地帯。最近各地で減っているという情報が入ってきているため、まだいるのか心配です。幸い見た目はあまり変化がありません。 一つ一つ石をめくっていくと、いました…

論文

Suzuki, T., Kimura, S., Shibukawa, K. (2019) Two new lentic, dwarf species of Rhinogobius Gill, 1859 (Gobiidae) from Japan. Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum, Natural Science, 48: 21-36.(PDF) 日本産淡水魚の新種記載論文です。学…

日記

生きています。年度末進行になってきて、講演仕事等も絡まりつつ慎重なスケジューリングで、図鑑の執筆などもしています。 最近リュウグウノツカイが打ちあがったなどというニュースをよく目にします。こうした珍しい海洋生物がたくさん打ちあがると、何等か…

日記

年度末公共工事シーズンです。今年もたくさんの身近な湿地帯が消滅していっています。ですがそんな中でもなんとか配慮をしてもらって、この後につながるような形のものもいくつもあります。 写真は某川の浚渫現場です。昨年の大雨であふれそうになって、地元…

日記

ヒョウモンドジョウの同じ個体です。上は白いバケツにいれておいて水槽に移してすぐに撮影したもの。下は30分後。実はこんなに体色や模様を変えることができるんですね。ということで撮影条件によっては模様の特徴なんかも出なかったりするので記録する時は…

日記

以前よりくろむし屋リストのゲンゴロウ科学名等でいろいろとご教示いただいているヤスイケキョウさんが新たにHPを立ち上げたとの連絡があったのでこちらでも紹介いたします。 基礎ゲンゴロウ学(リンク) たくさんの文献を細かく検討されたとても丁寧な内容…

日記

水生生物を用いた水質評価法には色々なものがありますが、私の推しは平均スコア法です。ふと気づいたら2年前に環境省でもそういうことになっていました(リンク)。リンク先の「河川生物絵解き検索(PDF)」は初心者にもわかりやすく科まで落とせて便利です…

論文

Water Beetlesのサイト(リンク)に旧北区のゲンゴロウカタログ、旧北区のミズスマシ科カタログ、旧北区のガムシ上科カタログの2019年版が出ていました。最新の学名や分布域(国レベル)などをチェックするのに便利です。ミズスマシ科カタログは初ではないで…

日記

昨年の秋にふと近所の公園に行ったところ、その近くの水田の水路に少しだけ水がたまっていて、ドジョウがいるのを確認しました。私としたことがまったく知らなかった産地でものすごく驚いたわけですが、その時は(あろうことか)採集用具は何も持っていなか…

日記

今日は川で調査でした。 ウグイ。黒ずんでいてかっこいいです。 ドンコ。ちょっと派手目な模様の個体。 オイカワ。オスですがこの時期は銀色ピカピカです。 カマツカ。かなりの大型個体でしたが、これで体長16センチくらい。 ナマズ。ずいぶんな渓流で採れま…

日記

しばらくあいてしまいました。色々書いたり、TOKYOに出張したりしていました。今日は日常業務、のつもりでしたが急遽でかけたりとバタバタしていました。いのちのたび博物館のH博士から「ふなみそ」と「ふなずし」をいただいたので、食べました。 ふなみそ…

書評

遠藤公男「ニホンオオカミの最後 狼酒・狼狩り・狼祭りの発見」山と渓谷社.(リンク) 岩手県を舞台に、当地でニホンオオカミがどのように滅んでいったかを、緻密な文献調査と聞き取り調査によって浮かび上がらせています。大変面白かったです。その過程で…

日記

今日は川で調査でした。 カジカ。最近の論文で九州の大卵型カジカは実は中卵型カジカの陸封集団ではないかということが明らかにされましたが、分類学的な解決はいつになるでしょうか。 同じ場所で採れたドンコ(5匹)とカジカ(3匹)。系統も生態もまったく…

日記

今日は福岡市科学館(リンク)に行ってみました。2017年に九州大学六本松キャンパスの跡地に新しくできた施設です。全体的に色々と工夫された展示が多くて、ポン氏も大変喜んでいました。たまたま遠隔操作型ロボットのサッカーの試合が行われていて、特にそ…

論文

赤司英治・大杉奉功・金澤裕勝(2018)河川水辺の国勢調査における調査実施上の留意点.平成29年度水源地環境技術研究所所報:32-37.(PDF) 国土交通省が実施している「河川水辺の国勢調査」は、今や公的機関が実施している生物相のモニタリングデータとし…

日記

ようやく今年初の湿地帯です!川です!年々初湿地帯が遅くなってきており老化を実感しますが、カマツカがたくさんいたので満足です。 カマツカです!今年もたくさんいます! ムギツク。相変わらずの黒い線。 イトモロコ。渋い魅力。 ニゴイ。この川では初め…

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年も湿地帯中毒をよろしくお願いします。更新頻度はあまり期待できませんが、たまにはお役にたつ記事なども書いていけたらと思います。 今年の目標はなんといってもまずは今執筆中の図鑑の完成です。だいぶ佳境に入ってき…

日記

2018年最後の更新となります。2017年に出版した「日本のドジョウ」の余波で研究はあまり進みませんでした。またもう一つ新しい図鑑の作成を進めていたため、論文もあまり出ませんでした。非常に残念ですがこれが能力の限界ということで止むを得ません。しか…

日記

仕事納めでした。あんまりおさまっていませんが、やむを得ません。今年出会った湿地帯生物で一番感動した種を紹介します。 奄美大島の固有種・アマミハバビロドロムシDryopomorphus amamiです。水質が良好な河川に生息し、上流から中流まで広く採集例があり…

今日は川で調査でした。おそらく今年最後の魚採りです。良い天気でした。何人かの方々に助っ人にも来ていただき楽しい調査でした。どうもありがとうございました。目的は若干果たせませんでしたが、新しい発見もいくつかありました。 ヤリタナゴ。この川では…